VIO脱毛は痛みがないのか不安です。

2014/05/21

今、VIO脱毛で脱毛サロンに予約を入れようか迷っています。ワキ脱毛で通ったことはあるんですが、VIOは女性スタッフでも見せるのに抵抗がある方も多いと思います。今は、自分で処理をしていて、2週間もするとすぐに生えてくるので正直、面倒です。
家庭用脱毛器と毛抜きを使い分けていますが、私が持っている家庭用脱毛器は、古いタイプでローラーで毛を抜いていくものです。Vラインの処理に使っていて、根元からキレイに抜けますが、少し痛みはあります。

Iラインはさすがにローラー式を使うのに抵抗があるので、毛抜きを使って1本ずつ抜いています。毛抜きは、確実に根元から抜けますが、時間が掛かるし、家庭用脱毛器より痛みがあるので、毛を抜く時はちょっと覚悟が必要です。

それに、ローラー式の家庭用脱毛器や毛抜きは、毛を抜いたあとにブツブツになるし、すぐに保湿できないんですよね。肌がデリケートになっているから次の日から保湿してくださいと注意書きに書いてありました。でも、1日たつとブツブツはなくなってスベスベになっています。

最近は、VIO脱毛で脱毛サロンに通っている方が多いと聞いたことはありますが、やっぱり、気になるのは痛みだと思います。

それに、大体3ヶ月に1回のペースで通っても約3年ぐらい掛かるようなのでしっかり考えて決める必要があるようです。あと、料金が気になったので調べてみたんですが、安いお店で3万6000円ほど、高いお店だと7万円以上するので、お店によってもばらつきがあることが分かりました。

その時に合った除毛処理をしよう

2014/05/20

自宅で自分で除毛をするとき、どのような方法を使って行っているでしょうか。
ピンセットを使う人、カミソリを使う人、シェーバーを使う人、脱毛テープを使う人、脱毛クリームを使う人、様々でしょう。

ですがこの中の一つしか使わず除毛しているという人は稀です。
除毛する場所は手足や顔や脇やお腹など色々な部位があります。その部位に合わせた毛の処理をしなくてはいけません。
すべての毛をピンセットで抜いたりというのは痛みもあり無理だと思いますし、すべての毛をカミソリで剃るのは再生が早くて大変です。その部分、部分に合った除毛用品を選ばなければいけません。

そして例えば急ぎの用があり、すぐに毛の処理がしたい場合はピンセットはNGです。
使うのならシェーバーか脱毛クリームがお勧めです。これなら短い時間で毛の処理ができるので急ぎの用でも間に合います。
毛の処理をあまりしたくなくて次の毛が生えにくい状態にしたいのならピンセットや脱毛テープを使ってください。

肌への負担は少ないとはいえませんが、これを利用すれば毛を毛根から引き抜くことができるので表面から剃るやり方と比べると毛の再生が遅くなります。そして肌に傷が出来ないようにするのなら脱毛クリームがお勧めです。
この方法なら刃物を使わないですし、肌を傷付けにくいので血が出たり傷つけたりということは防げます。

ただ脱毛クリームは肌に合うものを選ばないと炎症を引き起こすことがあるので気を付けてください。それぞれの除毛用品をその場、その場で使い分けてきっちりと除毛するようにしましょう。
Oライン 脱毛

メイク乗りが良くなる!フェイス脱毛のすすめ

2014/05/15

最近話題のフラッシュ脱毛専門サロン。痛みもほとんどなく、低価格で手軽にお手入れできることから、OLさんだけでなく、学生さんや主婦ママの間でもクチコミ人気が広まっています。すでに、ワキ・アシ・ウデの3大パーツは施術中、もしくは脱毛完了という方も多くいらっしゃるでしょう。そこで、次にお試していただきたいパーツが、フェイス脱毛です。

なんとなく肌のくすみが気になる、メイクの仕上がりがイマイチ、という方にはとくにオススメです!日本人をはじめとした東洋人のむだ毛は、黒色をしています。顔のむだ毛を放置しておくと、肌がくすんで見えたり、メイクの乗りが悪くなります。

手軽な自己処理方法として、カミソリを使っている方は要注意です。狭く凹凸の多いパーツを自分でお手入れするのは大変ですよね。カミソリ処理は、肌の角質層までもそぎ取ってしまいますので、乾燥の原因になります。また、鋭い刃先で肌を傷つけてしまうこともあります。カミソリのお手入れを中止すると、すぐにむだ毛が生えてくるので永遠に繰り返すことに。そうなると、色素沈着のリスクが高まります。これでは、せっかくお手入れしていても肌へのダメージが増すばかりです。

フラッシュ脱毛は、肌への負担が少ないとてもおだやかな施術方式です。細かなパーツのお手入れにも適しているので、フェイス脱毛も安心してトライしていただけます。事前のカウンセリングで、お手入れしたい部分、気になる部分について相談してみましょう。気になる口ひげやまゆ毛の周囲など、特に濃いむだ毛にアプローチしてみるものアリです。1回の施術は、アフターケアを含めて30分程度。むだ毛の生え方には個人差もありますが、一般的に3~4回繰り返すことで、肌がぐんと明るくなってきます。

むだ毛がなくなると、化粧水などの浸透もよくなり乾燥肌も改善しやすくなります。メイクの乗りや持ちもぐんとアップ。ファンデーションをワントーン明るくしたくなるような、ブリリアントな陶器肌に近づいていきます。

Bookmarks
Archive